調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

材料
豚小間肉 100g
里芋 300g
白滝 1パック
サラダ油 大1

調味料
水 200cc+100cc
昆布だし 小さじ1弱
砂糖 大1
みりん 大1
味噌 大1
醤油 大1

作り方
①里芋の皮を剥き堅茹でする
②豚小間は適当な大きさに切る
③白滝は下茹でする
④フライパンにサラダ油を入れて豚肉から炒めます。色が変わりバラバラになるまで炒めます
⑤肉の色が変わったらこんにゃくを加え全体にさっと炒めます
⑥⑤に里芋を加えて全体に油が回るようにフライパンをゆすりながら軽く炒めます
⑦調味料を加えて煮ます。里芋が柔らかくなるのに水が足りなかったので、100cc追加.。中火で柔らかくなるまで煮ます
⑧盛り付けて完成

評価3.5
里芋の下茹で時間が短かったようで、固さが取れるまでに時間がかかりました。水200ccとレシピにありますが、追加で100cc入れました。煮汁が完全になくなるまで、煮詰めましたが、多少味が薄くなったかもしれません。でも美味しかったです。里芋も十二分に柔らかくなり、歯の悪い父が完食してくれました。
 29○


 

材料
大根 10センチ
人参 8センチ
豚もも薄切り 100グラム
ごま油 大2
ニンニク 1かけ
お水 8カップ
酒 1/2カップ
醤油 大2
塩・胡椒 少々
長ネギ 2/3本
粗びき黒胡椒 適量
ごはん 茶碗1杯分

作り方
①短冊切りにした大根と人参は、レンジで7分チン。
②フライパンにごま油を入れて潰したニンニクを炒める。香が出たら豚肉(一口大に切る)・大根(短冊切り)・人参(短冊切り)を炒める。
③水を入れ沸騰したらアクを取りながら、弱火で10分煮込む。 豚のうまみを引き出します。
④酒・醤油・塩胡椒で味付けをし、斜め切りにした長ネギを加えひと煮立ちさせます。仕上げに溶き卵を加えふんわり火が通ったらスープの完成。ごはんをどんぶりに入れ、スープをかけ、黒胡椒をふりかけ出来上がり。

評価2.5
溶き卵を入れるまで、スープの味は酒が強いな、って感じでした。が、溶き卵がスープを水っぽくさせてしまいました。味が薄いです。歯の悪い父に考慮し、大根と人参はレンジで7分チンしました。そのかいあって十二分に柔らかくなったのですが、味付けが薄いです。父母姉は美味しいと言ってくれましたが、僕の評価は厳しいです。
 41

材料
豚コマ肉 150~200g
木綿豆腐 1丁
大根 4cm
人参 6cm
ごぼう 20cm
長ネギ 1本
こんにゃく 100g
しょうがのみじん切り ひとかけ分
ゴマ油 大1
味噌 80g
★だし汁 5カップ
★酒 大2

作り方
①豆腐は一口大に切って、ペーパータオルを敷いたザルに乗せ水を切る
②だし汁は最初のうちに作っておく。だし汁に酒を加え準備しておく
③こんにゃくは長さ2センチの短冊切りにし、アク抜きのため熱湯で2分茹でる
④豚コマ肉は2センチ幅、大根、ニンジンは薄めの半月、長ネギは厚み1cmの斜め切り
⑤ごぼうは皮を剥き5mmの斜め切りにし、水に3分さらす。大根、人参、ごぼうはレンジで7分チン
⑥フライパンにごま油を中火で熱し、しょうがと豚肉を入れさっと炒める
⑦肉の色が変わったら、こんにゃく→チンした大根、人参、ゴボウ→長ネギの順に加え炒め合わせる
⑧豆腐を加えてひと炒めし、全体が馴染んだら、作っておいた ★に加えて煮立たせアクを取り、弱めの中火でコトコト煮る。約10分
⑨ 竹串で刺してみて、大根が柔らかく煮えたら味噌を入れ、さらに10分煮る。完成後1時間置いてから実食

評価4
歯の悪い父に考慮し、大根、人参、ゴボウはレンジで7分チンしました。それでも煮始めてから10分は固さを取るのに必要でした。大根も手強いですが、ごぼうも手強いです。 味噌を入れてからさらに10分。余熱で1時間放置し、実食したら十二分に柔らかくなっていました。味はしょうがが効いてgood。具材も一つ一つが主張していてgood。美味しい料理が出来ました。小食の父がおかわりしてました。嬉しいです。
 39
00

このページのトップヘ