調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

材料 
若鶏ムネ肉 240g
塩 小1/3
胡椒  適量
白ゴマ 大4
片栗粉 小1
油 適量
トマトケチャップ 適量

作り方
①鶏肉を食べやすく切り、塩、こしょうする。
②白ゴマ、片栗粉を合わせ、鶏肉の両面にまぶしつける。
③フライパンに油を熱し、②を焼く。

評価2.5
ホントは白ゴマ大4ではなくて、黒ごま大3すりごま(白)大1のレシピのメニューです。黒ごまが無いので、白ゴマで代用しました。味はと言うと、美味くもないし不味くもない。黒ごまでやったら美味しいのかな?
 49



材料 5皿分
豚こま切れ 180g位
玉ねぎ 中1個
人参 小1本
ジャガイモ 中2~3個
バター、サラダ油 小さじ1、大さじ1
水 350cc
赤ワイン 200cc
牛乳 150cc
にんにくのみじん切り 2片
コンソメ 1つ
ローリエ 1枚
ケチャップ、ソース 各大さじ1
市販のルー中辛 1パック

作り方
①野菜をお好みの大きさに切る。にんにくはみじん切りにする。フライパンにバターとサラダ油を熱して、玉ねぎを炒める。さらに豚肉、人参、ジャガイモを加えて強火で炒める。
②油が回って玉ねぎがしんなりしたら、ルー以外の材料を全てフライパンに投入。あくをとりながら中火で20~30分ほど煮込む。野菜の、お好みの硬さまで火が通ったら火を止めて、ルーを割り入れて、さらに10分ほど煮る。
③煮込み中の灰汁はとってね、乳脂肪分みたいな灰汁が出るかと思います。あまりに汁気が減ってしまったら牛乳か水で調節してね。

評価3
赤ワインを使ったカレーだったので期待しました。味は不味くは無いがそんなに美味くない。今思う事は、ホントは市販のルーが中辛1パックではなくて、中辛&甘口各1/4箱なのです。1パックが6皿分と書かれてあって(5皿分のカレーを作っていた)、丁度いいかなと思い1パック投入してしまいました。ルーが赤ワインを消してしまった感があります。せめて(甘口のルーは無かった)中辛1/2パックにしておけば、赤ワインが殺されずに済んだと思う。またチャレンジします。
 54



材料 3~4人分
豚ロース薄切り (3等分に切る) 250g
塩胡椒[肉にまぶしておく) 少々
ピーマン(食べ易い大きさに切る)  3個
玉ねぎ(食べ易い大きさに切る)  1個

炒め用
塩胡椒 少々
 
甘酢ダレ(合わせおく)
ケチャップ 大3.5
お酢 大3.5
みりん 大3
料理酒 大1.5 
醤油 小1.5
ウスターソース 小1.5
砂糖 小1.5 
片栗粉 小1.5

作り方
①フライパンに油を引き肉を炒めます。肉全体に火が通ったら玉ねぎを加え1分ほど炒めます。
②ピーマンを加えて更に1~2分ほど炒めます。塩胡椒も少々しておきます。
③合わせダレをしっかりと混ぜてから(片栗粉が入っている為)加えて煮詰めます。トロミがついてきたらお皿に盛り付けて出来上がり。

評価2.5
肉の量がレシピより多かったので、調味料も若干多めにしました。それでも味付けに大きな変化はないと思います。が、そこまで美味くはありませんでした。肉にちょっと火を入れ過ぎたかな?焼肉の火加減にいつも苦戦してます。
 59



このページのトップヘ