調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

2015年11月

材料
アスパラガス 100g
豚肉切り落とし 160g
人参 小1本
もやし 1パック
卵 4個
塩 小1
酒 大2
醤油 大2
胡椒 少々
ごま油 大1
かつお節 6g

作り方
①炒り卵を作っておく
②豚肉は一口大に切る。人参は短冊切り、アスパラガスはピーラーで皮を剥き、斜め切り
③アスパラガス、人参、もやしを茹でる
④ごま油で豚肉から炒め、野菜を投入し炒める。1の炒り卵を加え、塩、酒、醤油、胡椒で調味し、皿に盛り付ける。かつお節をかけて出来上がり

評価2.5
正直に言います。炒める際、肉よりも野菜を先に炒めてしまいました。僕のミス。母の機転で野菜を一度取り出し、肉をしっかりと焼き、その上で野菜を戻しました。味は中の下。失敗しなかったらもっと美味しかったのかな?まずい事をしました。
 15

材料
れんこん 100g程度
大根 1/4本
セロリ 2本
豚こま肉 100g程度
カレー粉 小1
だしの素 小1
サラダ油 大1
にんにくすりおろし 1片
鷹の爪 適量
塩胡椒 適量

作り方
①レンコン・大根ともに半月の薄ぎり。セロリは薄切り。レンコンはレンジで3分チン。大根は1分。セロリは2分。
②フライパンににんにく鷹の爪を炒め、肉→れんこん→セロリの順に炒めていきます。
③ササっと炒め味付けします。更に炒めたら完成

評価2
レンコンが少なかったので、代わりに大根を入れました。レンコン・セロリ・大根、すべて炒める前にレンジでチンしました。しかし、大根は固さが残りました。それが失敗で、歯の悪い父は大根を残しました。鷹の爪が多かったようで、母と姉からクレームが来ました。僕はピリ辛でそれくらいがいいと思うのだけど。カレー粉が小1で少ないかと思いました。僕敵には満足いくカレーの味がついていたと思うのですが、母姉はもっとカレー粉を入れてもいいと言ってました。
 37

材料
さつまいも 1本
玉ねぎ 小2個
水 800cc
顆粒和風だし 小1
味噌 大2

作り方
①さつまいもは輪切り。玉ねぎはスライス。水と鍋に入れて火にかける
②沸騰したら弱火に。和風だしの素を入れて5分煮ます
③味噌をとき入れます

評価3
シンプルな料理です。味もシンプルです。特別美味いというわけではなく、普通に美味いです。さつまいもは箸で崩れるくらいに茹でました。正解だと思います。
 41

材料
さつまいも 中2個
人参 1本
玉ねぎ 小2個
ツナ 1缶
マヨネーズ 大4
はちみつ 小1
塩胡椒 少々
ブラックペッパー 少々
レモン汁 小1/2

作り方
①さつまいもは茹でてマッシュする。玉ねぎはスライスしレンジで4分チン。人参はみじん切りにしてよく茹でる。 ツナは油や水を切っておく。
②ボウルに①とその他の材料を和える。出来上がり。

評価4
レシピでは玉ねぎをレンジでチンは無く、人参もさっと茹でるなのですが、歯の悪い父に考慮し確実に柔らかくなるようにしました。正解でした。最高の歯応えでした。ただ、胡椒とブラックペッパーを遠慮がちにいれたら、母に甘いと言われました。父はこれ位がいいと言ってくれました。僕的にもちょっと甘過ぎかなとも思ったのですが、今回はこれで通し、近日中にもう一度チャレンジしようと思います。その時は、ちょっと多めにブラックペッパー、塩胡椒をしたいと思います。
 41

材料
大根 1本
さつま揚げ 5枚 
こんにゃく 2枚
人参 1本 
■ 水 500cc
■ だしの素 小さじ3
■ 砂糖 大2
■ 酒 大3
■ 醤油 大4
■ みりん 大1

作り方
①大根と人参は半月の薄切り。こんにゃくは味が染み込むように切れ目を入れて切ります。さつま揚げも食べやすい大きさに切ります。
②お鍋に、油をしきさつま揚げ以外の材料を炒めます。炒めたら、■ の調味料を入れ大根が煮えたら、さつま揚げを入れ、汁気が少し残るまで煮たら完成

評価3.5
シンプルだけど美味しい料理です。正直ちょっと醤油入れ過ぎかな?って思いますが(汗)でも美味しいです。おでんのような味です。と言うかほとんどおでん!?確実に柔らかくなるよう、大根とにんじんは半月の薄切りにしました。大根がチョー柔らかくなっていて、驚きました。
 
13
59
 

このページのトップヘ