調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

2018年04月

材料
鶏もも肉 1枚
片栗粉 大2
ソース
大根 1/5
玉葱 1個
えのき 1袋
☆醤油 大3
☆料理酒 大1
☆酢 大1
☆砂糖 小1/2
☆生姜チューブ 3cm
☆にんにくチューブ 3cm

作り方
①鶏もも肉は棒で叩いて熱さを均一にし、一口大に切る。片栗粉をまぶす。
②フライパンに大1の油をひき、鶏肉を焼き揚げる。焼き上がったら皿に盛る
③ソースを作ります。大根は摩り下ろし、玉ねぎはみじん切り。えのきもバラバラにしておく
④大根おろしと玉葱と☆の調味料を混ぜる。フライパンでえのきを炒める。しんなりしたらソースを入れる。
⑤肉にソースをかけ完成

評価3.5

美味しい料理が出来ました。ソースの量が多くて驚きましたが、美味しかったです。

38●

材料
豚ロース薄切り肉 200g
ピーマン 4個
人参 1本
玉葱 1個
にんにく 1片
生姜チューブ 3cm
サラダ油 大1
A
塩 少々
溶き卵 1個
小麦粉 大2
B
水 140ml
酢 大3
醤油 大2
砂糖 大2
トマトケチャップ 大2
塩 小2/3
片栗粉 大1

作り方
①人参を一口大に乱切りして、レンジで3分チン
②ピーマンは厚めの細切り、玉ねぎはくし切りし、レンジで1分30秒チン
③にんにくは微塵切り、豚肉は3cm幅に切る
④Aをボウルに入れ豚肉を加えて揉み込む
⑤Bは混ぜておく
⑥フライパンに油を入れて中火にかけ、豚肉を入れて表面に焼き色をつける
⑦豚肉に火が通ったらにんにく、生姜を入れ炒め、香りが出てきたら玉ねぎ、ピーマン、人参を加え炒める
玉葱が透き通ってきたら、Bを加えとろみがつくまで混ぜながら煮立てる。

評価3

肉に卵をまぶすのですが、焼く際卵がフライパンにこびりつくます。これでいいのか?わかりませんが、味は並みです。

03●

材料
大根 1/3本
ちくわ 5本
こんにゃく 1枚
★水 400ml
★醤油 大3
★みりん 大2
★砂糖 大1
★和風だしの素 一袋

作り方
①大根、こんにゃく、ちくわは食べやすい大きさに切る
②切った具材と★を鍋に入れ、蓋をして強火で煮立たせます。煮立ったら弱~中火でコトコト煮込む。25分。
③煮汁が半分程度になり、大根の色が変わったら完成

評価3

普通の料理です。味付けに工夫が欲しい。

01●

材料
豚こま 180g
キャベツ 250g
人参 1本
ネギ 1束
しめじ 小1パック
醤油 大2
◆砂糖、お酒、みりん 各大1
にんにくすりおろし、生姜チューブ 各小1
サラダ油 大1

作り方
①キャベツは洗ってざく切りにし、水を切っておきます
②にんじんは太めの細切りし、レンジで3分20秒チン。ネギは3cm幅に切る。しめじはバラす
③フライパンに油をひき、中火で豚肉を炒めておきます
④豚肉に火が通ったら、人参を入れ炒める。次にしめじと◆の調味料を入れ炒める
⑤人参に火が通ったら、キャベツを入れて強火で炒める
⑥キャベツに火が通ったら、醤油とニンニク&生姜を入れて、ネギを入れて絡めたら火を止める
⑦余熱でネギがしんなりしてきたら、出来上がり

評価2

上手く行きませんでした。ニラの代わりにネギを入れたのですが、それが悪かったのかな?

36●

材料
木綿豆腐 1丁
挽き肉 120g
しょうがチューブ 小1
にんにくすりおろし 2片
長ネギ 2/3本
玉葱 中1個
★豆板醤 小1
★味噌 小2
★砂糖 小1
★鶏ガラスープの素 大1
★水 1カップ
★醤油 大1
片栗粉 小2
ごま油 小1
薬味(青ネギ)結構多目

作り方
①長ネギを小口切り、玉ねぎをスライス、にんにくをすりおろし、長ネギと玉葱とにんにくと生姜チューブを弱火で5分アメ色になるまで炒める。後ひき肉を追加し炒める
②ひき肉に火が通ったら、★の材料を入れる
③沸騰したら、角切りした豆腐を加える。豆腐が温まるまで加熱
④一旦火を止め、片栗粉と水大1を混ぜたものを回しかける。
⑤仕上げに薬味とごま油で風味付け。全体に混ぜる

評価3.5

簡単で美味しい料理です。ネギと挽き肉と豆腐だけじゃカサが少ないと思い、玉ねぎを追加しました。玉ねぎはアメ色になるまで弱火で炒めました。玉ねぎの甘味も出てgood

53maru

このページのトップヘ