調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

2019年07月

材料
豚肉ロースうす切り 10枚
にんじん 2本
ごま油 大1+大1
酒 大さじ1
みりん 大2
砂糖 大1
醤油 大3
塩 少々

作り方
①にんじんを細切りにしてフライパンに薄く水をはって塩とにんじんを入れ茹でます。
②茹でている間にお肉を広げておきます。にんじんがいい固さになったらごま油で炒めます
③炒めたにんじんを、広げたお肉にのせてクルクル巻いていきます。そしてフライパンにごま油をしきその上に並べます
④調味料を加え絡めて行きます
⑤いい感じに少し焼き色がついて香ばしくなったら完成

評価4
僕の作った料理で最高級評価の1品です。ゲストに振る舞いました。気持ち焼き目を強くつけました。それはそれで美味しいですが、味の染み込みが弱くなる感があります。

s-2019-07-29 15.19.04●

材料
糸こんにゃく 大1袋
油揚げ 2枚
ちくわ 2本
だし汁 1カップ
砂糖 小3
醤油 大2
みりん 大1

作り方
①糸コンは沸騰したお湯でアク抜き。油揚げは油抜きしと細かく細切り。ちくわは縦に半分に切り斜め切り。
②鍋にだし汁と砂糖、醤油を入れ煮立てて、糸コン、油揚げ、ちくわを加え中火で煮る
③煮汁が減ってきたら、みりんを回し入れ、煮汁が無くなるまでじっくり煮上げたら完成

評価3.5
我が家では糸こんにゃくがレシピであるとき、白滝を使っていました。今日は僕が買い物から担当したので、糸こんにゃくでやってみました。結果、白滝の方が細く味がよく染みます。不味くはないですけどね。

s-2019-07-29 15.23.35●
s-2019-07-29 19.04.58●

材料
卵 1個
玉ねぎ 1個
えのき 小1パック
水 500cc
鶏ガラスープの素 大1
中華あじ 小1
塩胡椒 お好みで
ごま油 小1
白ごま 適量

作り方
①玉ねぎは薄くスライス、エノキは1/2カットしバラす、卵は溶いておく
②鍋に水を入れ、沸騰したら鶏ガラスープの素と中華あじを入れる
③玉ねぎ、エノキを入れ火が通るまで(10分)煮る
④卵を加えてゆっくりと混ぜる。火はすぐ消す
⑤塩胡椒で味を整え、最後にごま油、白ごまを加えて完成

評価4
何度作っても美味しい料理です。ゲストに振る舞いましたが、喜んでくれました。中華あじがいい味でしてます。

s-2019-07-29 19.04.39●

材料
豚小間切れ肉 200g
なす 4本
甘長ししとう 15本くらい
サラダ油 大2
塩胡椒 少々
■照り焼きだれ
砂糖 大1
みりん 大4
めんつゆ 大3と1/2
片栗粉 小4

作り方
①甘長ししとうは、へたを切り落として半分に切る
②なすは半分に切り5mmの半月切りし、レンジで3分チン
③豚コマは食べやすい大きさに切る
④照り焼きだれの調味料を合わせておく
⑤フライパンを熱しサラダ油を入れ、①のししとう、②のナス、③の豚コマを入れる
⑥材料にまんべんなく日が通るように、時々混ぜながら炒める。途中で、塩胡椒を振りかける
⑦⑥に④のたれをもう一度混ぜてから加えて炒め、タレにとろみが出てきたら火を止める

評価3.5
美味しい料理が出来ました。レシピを印刷し紙を貼り付け料理するのですが、印刷の文字がスレて、片栗粉の量を小1なのに小4と勘違いしました。よってタレに必要以上にトロミがつきました。ナスをレンジでチンするのは、母がそうして方が油を吸わないと言う知恵です。

s-2019-07-26 19.15.50●

材料
豚肉ロースうす切り 15枚
長芋 1本
ごま油 大1
酒 大さじ2
みりん 大3
砂糖 大1
醤油 大4

作り方
①長芋の皮を剥き7cmほどに切り、拍子切り。レンジで2分ちん。
②チンしている間にお肉を広げておきます。
③チンした長芋を、広げたお肉にのせてクルクル巻いていきます。そしてフライパンにごま油をしきその上に並べます。焼色がつくようにクルクル回して行きます。
④調味料を加え絡めて行きます
⑤いい感じに少し焼き色がついて香ばしくなったら完成

評価3
いつもは人参の肉巻きのメニューを、長芋で挑戦です。姉がタレが美味いから長芋でも美味いだろうとの憶測から作りました。姉は美味いと言いましたが、僕的にはイマイチです。

s-2019-07-25 18.11.03●

このページのトップヘ