調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

カテゴリ: 評価3.5

材料
豚こま肉 200g
塩胡椒 少々
☆かまぼこ 1個
☆キャベツ 4枚
☆ピーマン 2個
☆ニンジン 1本
☆玉ねぎ 1個
☆もやし 1袋
ごま油 大1
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
♡酒 大4
♡中華あじ 大1
♡塩胡椒 適量

作り方
①キャベツは一口大、玉ねぎはスライス、ニンジンは短冊、ピーマンは乱切り、かまぼこは5mm幅、にんにくと生姜はみじん切り、ニンジンはレンジで3分半チン、玉ねぎとピーマンは1分チン
②フライパンにごま油、にんにく、生姜を入れ火にかけ豚肉を炒め軽く塩胡椒をし、肉の色が変わったら☆を加えて炒め合わせます
③全体に油が回ったら♡を加えしんなりするまで炒め合わせ味を調えます

評価3.5

薄味だけど美味しい野菜炒めです。中華あじを使いたくて料理しました。この調味料の醍醐味出ていると思います。

2018-08-16 18.24.30●

材料
豚こま切れ肉 200g
玉ねぎ 小1個
キャベツ 1/2個
にんにく 1かけ
生姜 1かけ
サラダ油 大2
◎味噌 大3
◎砂糖 大1
◎みりん 小6
◎酒 小4と1/2
◎醤油 小1と1/2
◎豆板醤 小1/2

作り方
①◎を混ぜ合わせておく
②玉ねぎはスライス、キャベツはざく切り、にんにくと生姜はみじん切り
③フライパンにお湯を沸かし、一口大に切った豚肉を入れ、湯通しする
④湯通しした肉をザルにあげておく
⑤③のフライパンを軽く洗い、サラダ油を熱す。にんにくと生姜を弱火で炒めて、香りを出す。そこに玉ねぎを加え炒める
⑥火を強めてキャベツを加え炒める
⑦④の肉を加えて更に炒める
⑧①を加えて絡める。完成。

評価3.5

美味しい料理が出来ました。味付けが良いです。キャベツは芯の近くの硬さがとれず、困りました。歯の悪い父がいるので。料理完成後、フライパンの蓋を閉め余熱で柔らかくしました。レシピでは長ネギなのですが、無かったので玉ねぎで代用しました。

2018-08-12 18.39.51

材料
ナス 4本
鶏胸肉 1枚
塩コショウ 少々
片栗粉 大1
タレ
醤油 大3
みりん 大3
砂糖 大1
酒 大4
生姜チューブ 5センチ
にんにくチューブ 3センチ

作り方
①タレは全て合わせておく
②ナスは1/2に切り、網目状に切り目を入れて、食べやすい大きさに切る
③フライパンに油を引き、いい色になるまでナスを焼き、一旦取り出しておく
④食べやすい大きさに切った胸肉をビニール袋に入れ塩コショウ、片栗粉をまぶして、フライパンに油をしきこんがり焼く
⑤フライパンにナスを戻入れタレを入れ、煮詰めたら完成。

評価3.5

美味しい料理が出来ました。家族も親戚も美味しいと言ってくれました。ナスを十分に炒め、トロトロにするのがポイントです。

2018-08-08 19.15.42●

材料
牛肩ロース切り落とし 200g
じゃがいも 小20個
玉ねぎ 2個
人参 1本
砂糖 大1
醤油 大3
みりん 大1
酒 大1と1/2

作り方
①玉ねぎ、にんじん、ジャガイモは大きめに切る
②豚肉を食べやすく切る。圧力鍋に玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、豚肉の順に入れ、調味料をまんべんなくかける
③強火にかけ、シュシュっとなったら弱火にして5分加熱
④圧が抜けたら、上下を返して味を染み込む

評価3.5

簡単な料理ですが、以前ほどの味に感動は無く。調味料にもっと工夫が欲しい。

2018-07-31 18.47.52●

材料
ニンジン 1本
ブロッコリーの芯 2本
白身魚揚げ 6個
厚揚げ 4枚
糸こんにゃく 1パック
えのき 半パック
しめじ 小1パック
いんげん 適量
昆布出汁 1カップ
出汁 2カップ
酒・みりん 各大5
醤油 大2
塩 小1

作り方
①人参とブロッコリーの芯は薄く輪切り。し、下茹で4分
②こんにゃくと白身魚と厚揚げを湯通し
③別鍋で出汁と昆布出汁を作り合わせ、こんにゃくと白身魚と厚揚げをを入れる
④酒とみりんを加え、①を入れ10分煮る
⑤塩と醤油で味を調え、下茹でしたいんげんを飾り出来上がり

評価3.5

僕は美味しいと思いました。でも家族の評価はちょっと味が薄い。

2018-07-31 18.53.22●

このページのトップヘ