調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

カテゴリ: 評価3

材料
茄子 4本
豚挽き肉 150g
長ネギ 15cm
▲水(熱湯) 250cc
●白だし 大5
●砂糖 小1
●みりん 大1
■片栗粉 大1
■水 大1
サラダ油(炒め用) 大5

作り方
①長ネギをチョッパーでみじん切り、■を合わせ水溶き片栗粉を作っておく
②三角の熱湯を沸かしておく、茄子はヘタを落とし皮を剥いておく。茄子はくし切り。
③深めのフライパンで豚挽き肉を炒めていきます。火は中火、テフロンなので油不要
④③に②の茄子を加え更に炒める。油は一度に全て入れずに、茄子に油を吸わせるように少しづつ入れる
⑤茄子全体的に油を吸ってちょっと透き通るくらいに炒める。ネギも投入。
⑥茄子がしんなりしてきたら●を加え馴染ませ、予め沸かしておいた▲を注ぎ、ひと煮立ちさせる
⑦味見して塩分を加え、火を弱めて水溶き片栗粉を加える。お好みでとろみをつけ、完成。

評価3
味見をしたときは美味しかったのですが、皿に盛り全部食べた感は味が薄いです。残念でした。

2021-04-07 18.32.27●_R
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

材料
スパゲッティ 300g
にんじん 1本
ベーコン 4枚
玉ねぎ 1個
豆乳  200cc
コンソメキューブ 2個
塩 適量
オリーブオイル 大1+大1

作り方
①鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加えパスタを5分茹でたらザルに取る
②ベーコンは1cm幅に、玉ねぎはスライス、にんじんはすりおろしておく
③フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを飴色になるまで炒め一旦取り出す
④同じフライパンにオリーブオイルを足し、ベーコンをじっくり油が出るように炒める
⑤玉ねぎを戻しベーコンと一緒に軽く混ぜ、牛乳、砕いたコンソメ、すりおろした人参を加える
⑥コンソメが溶かしながら弱火で加熱し、スパゲッティを戻し馴染ませる

評価3
個人的には気に入っている一品なのですが、親戚の評価は高くありませんでした。クリーム感が足りないと言われました。
2021-04-06 14.43.30●_R


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

材料
豚モモスライス 180g
人参 2本
ピーマン 4個
ごま油 大1.5
★合わせ調味料
酒 大1
塩胡椒 適宜
醤油 大1
オイスターソース 小2
片栗粉 小1

作り方
①★の調味料を細切りした豚モモスライスに漬け込んでおきます
②人参はスライサーで細切りしレンジで3分チン、ピーマンは種を抜き細切り
③フライパンにごま油を引き、②を炒め、ピーマンの色が変わったら①の肉を入れて炒め合わせる
④肉に火が通ったら完成

評価3
味は悪くないです。ただ肉に片栗粉をまぶすので、フライパンにこびりつきます。スライサーで細切りした人参も一緒にこびりつきます。

2021-04-03 18.14.26●_R
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

材料
キャベツ 1個
貝割れ大根 1パック
鰹節 適量
マヨネーズ 適量

作り方
①キャベツはスライサーで千切り、貝割れ大根は半分に切る
②キャベツ、貝割れ大根をあえ、マヨネーズをかけ鰹節を乗せる

評価3
親戚の冷蔵庫でくたびれていたキャベツと貝割れを急遽使って料理しました。シンプルだけど美味しいと評判でした。

2021-04-01 18.18.18●_R
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サヤエンドウ 15枚
しめじ 1パック
水 1000cc
コンソメ顆粒 大2
酒 大2
卵 2個
塩胡椒 適宜
水溶き片栗粉 大2と水

作り方
①サヤエンドウは筋を取り、しめじは石づきを切りバラす
②水とコンソメを煮立て、酒と①を加える。具材に火が通ったら(5分)火を弱め、水溶き片栗粉でとろみをつける
③塩胡椒で味と整え、溶き卵をふんわり加えたら出来上がり

評価3
淡白な味で僕の評価は低いですが、食べた親戚は非常に気に入ってくれました。サヤエンドウは我が家のベランダの自家農園で採れたものです。

2021-03-30 18.21.04●_R
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ