調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

カテゴリ: 評価2.5

材料
鶏胸肉 1枚
○酒 大1
○酢 大1
▲片栗粉 大1
▲小麦粉 大1
△醤油 大2
△酒 大1
△砂糖 大1
△本だし 1袋
ごま油 大1
大根 5cm

作り方
①鶏胸肉はそぎ切りで食べやすい大きさに
②鶏胸肉をビニールに入れ○を揉み込み、さらに▲を揉み込む(この下処理で柔らかくなります。)
③大根はおろして△の調味料を加え混ぜておきます
④フライパンを熱しごま油を入れ鶏胸肉を中火で焼いていきます。
⑤両面がきつね色になるまで焼きます。(ここで中まで火が通っていなくてもOK)
⑥③で作った大根おろしと調味料を合わせた物をフライパンに入れます
⑦少し火力を弱めて3分グツグツ煮たら完成

評価2.5
レシピにきつね色になるまで焼くとありました。前回はそこで中まで火が通っていなくても良いとあったので、あまり焼きませんでした。あまり焼かない方が肉が柔らかいです。今回は焼きすぎて固いところもあり、イマイチでした。
s-2019-10-16 13.27.52●

材料
豚肉 300g
レタス かなり多目
塩コショウ 適量
焼肉のタレ 大3

作り方
①食べやすい大きさに豚肉を切って炒めて塩コショウをします
②ちぎりレタスをどっさりくわえて軽く炒めます。蓋をしてレタスをしんなりさせます。
③塩コショウを足し調整して、焼肉のタレを加えてサッと混ぜ強火で水分を飛ばし完成。

評価2.5
味付けがシンプル過ぎてイマイチです。塩コショウだけでは物足りず、焼き肉のタレを追加しました。

s-2019-06-03 17.45.56●

材料
カブ 小6個
カブの葉 6個分
ベーコン 5枚
創味シャンタン 小1
醤油 大1.5
みりん 大1
酒 大1
片栗粉 適量

作り方
①カブを葉の実にわけ実を半分に切る。葉は湯がいて4等分に。ベーコンも食べやすい大きさに切る
②フライパンにオリーブオイルを大1入れてベーコンを炒めます。香りと焦げ目がついたら皿に取り出す
③片栗粉をカブに振りかけ余分な粉をはたいて、ベーコンを炒めたフライパンで焼きます。最初は動かさないで弱火で蓋をし蒸し焼き
④カブをひっくり返してちょっと焦げ目がついたら蓋をとり中火で回しながら炒めます
⑤カブ全体に火が通ったらカブの葉とベーコンを戻して調味料を入れてさっと炒める
⑥カブが柔らかくならなかったので、蓋をし15分蒸し焼き。それでも固さが残ったのでレンジで3分チン

評価3.5
味は非常に美味しいです。ただ歯の悪い父のいる我が家では、カブの固さが気になり、工夫しました。

s-2019-05-25 19.03.49●

材料
牛肉切り落とし 200g
空豆 15粒
からしな 適量
にんにく 1片
ごま油 大1
A醤油 大1.5
A砂糖、みりん 各大1
A豆板醤 小1/2
A中華味 小1
黒胡椒 適量
塩 2つまみ
水 2カップ

作り方
①鍋に水2カップを入れ沸騰させ、空豆をサヤから出し豆だけを塩と共に入れる。15秒したら取り出す
②Aの調味料を混ぜる。にんにくはみじん切り、からしなはバラす。牛肉は一口大に切る
③中火でフライパンを熱して、ごま油とにんにくを入れる。ニンニクの香りが出たら、牛肉も入れる
④牛肉の色が変わったら、茹でた空豆を加えて炒める。黒胡椒を振る
⑤Aの調味料を加えて、牛肉と空豆も絡める。からしなも加えて、さっと炒める

評価2.5
味付けが微妙です。レシピではコチュジャンなのですが、我が家に無いので中華あじと豆板醤で代用しました。

s-2019-05-24 20.30.09●

材料
ホタテ(生食用)18個
大根 4センチ
きゅうり 1本
ピーマン 3個
玉葱 1個
Aレモン汁 大1/2
Aオリーブオイル 大1
A塩コショウ 少々
醤油 大2
オリーブオイル 第1
練りわさび 小1/2

作り方
①大根は細い千切りにし、レンジで5分チン。きゅうりは輪切り。
②ピーマンと玉葱はチョッパーでみじん切り
③Aの材料を合わせて、みじん切りのピーマンと玉葱と和える
④醤油、オリーブオイル、練りわさびを混ぜ合わせておく
⑤広い皿の中央に大根を盛り付け、その周囲に③をひき、その上にホタテときゅうりを並べ、④のソースをかける

評価2.5
火を使わない料理はあまりしませんが、上手く出来ませんでした。珍しい味でした。
2019-04-06 18.26.52-1●

このページのトップヘ