調理師免許を活かす(*´ω`*)

調理師免許保持者です。恥ずかしながら、調理師学校を卒業しても料理の道には進みませんでした。そう言う人結構います。何年も料理をしてこなかった、ペーパー調理師です。(ペーパードライバーのような)クックパッドをお供に、家族のために料理を再開しました。家族は喜んでくれています。包丁は毎日研ぐようになりました。ブランクはあっても、学校時代の経験は貴重でした。なんとか様になる料理が出来ていると思います。僕の貴重な食の資格、調理師免許を活かして、人生をより豊かにして行くブログです。

カテゴリ: 洋食

材料
豚ロース生姜焼き用 250g
キャベツ 300g
人参 2本
塩 適量
酒 適量
醤油 大1
A 出し汁400cc、生姜すりおろし1片、塩胡椒少々
片栗粉 大1
ごま油 小2
サラダ油 大1

作り方
①豚肉を一口大に切って酒と塩をまぶしておく。キャベツも一口大に切る
②人参はスライサーを使って細く切る
③サラダ油を熱したフライパンで豚肉を炒め、色が変わってきたらキャベツを加え、しんなりしてきたら醤油を加える。皿に出しておく
④鍋にAを煮立て、人参を加え、火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつけごま油で風味付けをする
⑤③に④をかけて出来上がり

評価2.5

家族は美味しいと言ってくれました。僕はそうは思いませんでした。生姜焼きの肉は生姜焼きで食った方が美味しいと思いました。

33●

材料
ほうれん草 1束
ベーコン 4枚
ニンニク 1かけ
バター 10g
油 大1
塩胡椒 少量

作り方
①ほうれん草は3cmくらいに切る。ニンニクはみじん切り。ベーコンは1cm幅に切る
②フライパンに油を敷き、ベーコンを炒める
③次にほうれん草を炒める。少量の塩胡椒を振り掛ける
④③にバターを入れ、バターが全て溶けたらニンニクを入れ炒める

評価4

美味しい料理です。バターが効いてます。レシピには醤油をかけろありますが、僕的には醤油はいらない。でも父はわさび醤油をかけてました。

48○

材料
鶏もも肉 1枚
キャベツ 1/4
ピーマン 4個
玉ねぎ 1個
人参 1本
調味料セット
★コンソメキューブ 2個
★カレー粉 大1
★鶏ガラスープの素 小1
★にんにくチューブ 6cm
★めんつゆ 大2
★みりん 大2
★酒 大2
★お湯 260ml
オリーブオイル 大1+大1
塩胡椒 少々
ブラックペッパー 少々
白ごま 小2

作り方
①各野菜は食べやすい大きさに。肉は一口大に切って塩胡椒を振る。調味料セット★は全て混ぜ合わせる
②人参は耐熱皿にラップをしてレンジで3分半チン
③フライパンにオリーブオイル大1を引き、鶏肉を中火で炒める。両面焼き色が付いたら一旦取り出す(中に完全に火が通ってなくても良い)
④そのフライパンにオリーブオイル大1を足し、野菜を炒める。しんなりしてきたら鶏肉を戻し混ぜ炒める
⑤キャベツがしんなりしてきたら調味料セットを入れ煮る。時々混ぜながら10分煮る。白ごま、ブラックペッパーを振る混ぜる

評価4

美味しい料理が出来ました。いつもは歯の悪い父に考慮し、野菜は小さく切るのですが、母姉から小さ過ぎて何食べているのかわからないとクレームがつきました。よって大きめに切り、煮る時間を長くしました。美味しく出来ました。

05○
35○

材料
キャベツ 1/4玉
ベーコン 5枚
オリーブオイル 大1
顆粒コンソメ 小1
ブラックペッパー 適量

作り方
①キャベツはスライサーで細切り。ベーコンは細長く切る
②フライパンを火にかける。弱火で。オリーブオイルを入れて熱し、ベーコン→キャベツの順に入れて、常に弱火で炒める
③徐々にキャベツがしんなりして来ます。しんなりするまでしっかりと炒める。10分。
④キャベツがしんなりしたら、コンソメを振りかけ炒め合わせる
⑤ブラックペッパーを振りかけて全体に馴染ませれば出来上がり

評価3.5

コンソメだけの味付けで期待していませんでした。しかしキャベツを弱火でじっくり炒める事で、キャベツの甘味が出ます。美味しいです。

21maru

材料
厚切り秋鮭 3切れ
オリーブオイル 大1
白ワイン 50cc
コンソメ 1個
鷹の爪 1個
バター 15g
塩胡椒 少々
醤油 少々
レモン 1個

作り方
①予め塩胡椒で下味をつけておいた秋鮭をフライパンにオリーブオイルを引いて中火で両面軽く焦げ目がつく程度に焼く
②コンソメと鷹の爪は包丁で刻んでおく。白ワインと一緒にフライパンに投入したら蒸し焼きにする。5分。
③蒸し上がった所へバターを投入し泡立ったところで醤油を回し入れ焦げる前に火を止め魚は皿に取り出す
④火を止めたフライパンに醤油を注ぎ足しヘラでちゃちゃっとかき回してソースを作り最後にレモンを軽く絞りかける

評価3

ずいぶん前に作った料理です。評価の高い料理でしたが、今回はミスをしました。レモン汁を多く入れ過ぎました。レモンの貰い物が多量にあって、使いたかったのです。レモンはちょっとでいいです。

36●

このページのトップヘ